What's New

2014.5.21

オリジナル曲追加:日常、FUSION、L.A.

 

友達リンク追加:あららぎ工房

 

Haruka

もう一つTakeが作曲してくれてる作詞を進めてます。

 

そこで、

境界線はない。限界なんてない。

っていう表現で、

Nothing up to the sky

という文を思い付きました。

 

どんな表現になるのか、ネットで検索した所、ある一人のミュージシャンのBlogにつながりました。

 

http://ameblo.jp/faraway-2/

 

こちらの”Haruka”さんは冒頭(ブログ名)で使用してますが、

THERE'S NOTHING UP IN THE SKY BUT AIR

空がない所に空気はない

ってな感じなのかな?

 

http://www.audioleaf.com/haruka-date_from/

 

音源を聴いてみて下さい。僕には何かしら響きました。

この人に会って、その雰囲気を味わってみたいと思いました。

 

ライブってそういうものなのかな?

その人の声やその人に会ってみたい。

音楽だけじゃなくて、その人に魅力を感じるっていう事。

 

僕も音楽を通じて、そんな風に思われれる人になってみたいな。ヽ(`▽´)/

そんなん考えてたら、また、人前で少し歌ってみたい気分にもなりますが、まだ、コーラスでいいや。(笑)

 

実は僕は出生が石川県なので、福井県はチョイ手前なんです。

随分前ですが、一人旅で若狭湾をバイクで走ったのを覚えてます。

コンビニの裏がサーフィンのポイントで、

2、3人のサーファー、中くらいの波、飛び出した峠、暖かい夕日

が入り交じった景色が今でも感覚の中に、残ってます。

 

また一人旅の機会を作って、福井の土地に足を伸ばして、Harukaさんのライブをみてみたいです。(o^∇^o)ノ

時間は見つけるものじゃなくて、作るもの。だよね。。