What's New

2014.5.21

オリジナル曲追加:日常、FUSION、L.A.

 

友達リンク追加:あららぎ工房

 

畑が大きくなくては、いけない理由

次回ライブ、8/10に決まりました。

よかったら、遊びに来て下さいね。

 

今回のテーマは、

畑が大きくなくては、いけない理由

です。

 

何の事やら。。

 

”おおかみこどもの雨と雪”

www.ookamikodomo.jp/

こちらの映画は、ご覧になられた方、いらっしゃるでしょうか?

”時をかける少女”、”サマーウォーズ”よかったですね~

 

映画は、オオカミオトコと恋人のその後。

ヒロイン??の”はなちゃん”が、たくましく、そして、愛らしくステキです。

やっぱり一生懸命ってステキだ。。(^_^)

 

この”はなちゃん”が、子供達と田舎暮らしを始め、自給自足のために畑を始めます。

肥料や農薬、色々試行錯誤してみますが、実ってはくれません。

 

ある日、堅物そうなお爺ちゃんがやってきて、畑を大きくしろと言われます。

もちろん、家族は少ないんで、今の大きさで十分です。と答えますが、お爺ちゃんはいう事を聞いてくれません。

 

そんなこんなで、”はなちゃん”がんばります。

汗だくで、日焼けでクタクタになりながらも、お爺ちゃんの言われた通り畑を耕し、大きくします。

 

そして、畑を大きくした後に、

種芋に、肥料や農薬はやらなくていいから、放っておけ。

といい、お爺ちゃんは去ってゆきます。

 

畑が大きくなると、色んな農作物を育てる事ができるようになります。

一見不釣り合いの作物を一緒に植えると、虫が付き難くなるとか、味が良くなるとか。。

そんなこんなで、村の人達と”はなちゃん”、家族と村人は関わりあっていくようになります。

 

 

畑を大きくする理由。

 

一緒に見ていた奥さんに、聞いてみると、

お裾分けするからでしょ。

と一言。

 

確かに、映画のシーンでお裾分けして、町の人達とコミュニケーションを広げるシーンがあります。そして、自分の事だけではなく、実りをみんなで分け与えるという理屈も通るし、非常に解り易い。

 

 

でも、堅物のお爺さんが言ってた、放っておけ。という言葉が気になります。

 

そこで、物事を複雑に難しいように考えてしまう僕は、考えちゃいました。(笑)

 

本当に育てたいものは、周りの環境を整えてやるのが、僕らにできる事で、

手を加えずに、放っておく。

というのが、本当に強い根っこを作る方法なんだと。

そして、周りを自分なりに整えたのであれば、大事なものは、周りからいいもの、そして、もちろん悪いもの、いろんなものを吸収して、勝手に強く、大きくなるんだと。

 

放っておく。って難しい。。

気になるし、かまいたい。

大事であればあるほど。

 

でも、きっと強くなると信じて見守ってあげるのが、本当に育てるって事なんだと。

根付くってのは、色んなものとの触れ合い、そして、場所や時間との絡み合いで広がっていくもんなんだと。

 

結局、何をするにも一人じゃ出来ない事がほとんどで、限られた時間、限られた範囲で、一生懸命に生きる。

生きるって

動物でも植物でも一緒なんだな。

 

皆さんも、畑に実らないものがある時は、周りの土地を耕してみては、どうでしょうか?